2015年05月20日

マツダ 新型ロードスター 発表

roadstaer.jpg

マツダは5月20日、新型『ロードスター』を21日に発売すると発表したそうです。

1989年に登場した初代から3代目モデルまでの累計生産が約95万台と、売れ筋モデルの10年ぶりの全面改良だですね。

パワートレインはSKYACTIV技術による1.5リットルのガソリンエンジンに
6速のMTまたはATを組み合わせたロードスターだ。

3グレードを設定して税込み価格は約249万〜約314万円。
開発では「このクルマの本質は軽くすること」と、前モデルより100kgを超える軽量化の目標を達成し、ベースグレードの総重量は990kgと1トンを切っているから凄い!

このマツダのロードスターについては、グラム単位の見直しを図り、車体では骨格の見直しやアルミの大幅な採用拡大などを図ったとの事。

アルミは同社として初めてフロントフェンダーなどにも採用、
塗装前の全体重量のうちアルミの重量比率は従来の0.1%から9%程度に増えたそうです。

このマツダ 新型ロードスターの深いフェンダーのプレス加工は難関だったとの事。

生産を担当する本社工場の植松充主幹によると「コンピューターのシミュレーションだけの金型設計ではうまく行かず、ベテランによる匠の技で金型形状を造り込んだ」という。

マツダ 新型ロードスターの金型の形状はデジタルデータ化し、生産に伴って金型が変形した場合は直ちに修正を行う管理手法を採用しているそうです。


posted by トレンドマン at 19:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。